2013年03月22日

春秋要約(2013.03.22)

今年合格を目指す受験生が日経新聞の「春秋」を40文字に要約するトレーニング中なので、僕も一緒にやっています。

よかったら、参考にしてくださいね。^^

<要約>
TTPで競争激化しても、以前より海外技術を貪欲に習得する若い力がある日本なら戦える。

<原文>
山梨県の特産といえば甲州ワインが有名だ。その歴史をたどると、醸造技術をこの地に根づかせた人物として高野正誠、土屋龍憲という2人が名をとどめる。明治の初めにワインの本場のフランスへ、一緒に醸造法を学び渡った。高野25歳、土屋19歳のときだった。

▼2人の青年は高名な農学者に師事し、ブドウの栽培からワインづくりを仕込まれたという。良質なブドウを育てるための枝の剪定(せんてい)方法や、品種を改良する接ぎ木の仕方を、畑に出て実地で覚えた。ブドウ降り注ぐ日の光を浴びて大きくなるように、若者たちも異国の知識や技術を体で吸収して成長していったに違いない。
▼今また若い力がワインの質を高めている。山梨大学では中小醸造会社の20〜30代社員らがワイン醸造や品質評価を学ぶ。フランスなどからも教師を招いた講座でこれまでに60人以上が受講し、身につけた技能を職場で生かしている。技術を学び直すことで品質のばらつきが減り、海外での甲州ワインの評判も上がっている。

▼環太平洋経済連携協定(TPP)に日本が加わり、農産物や加工品の国際競争が激しくなっても、この国には技術を貪欲に学び取る若者の力がある。ひるむことはあるまい。もし関税撤廃まで何年か猶予期間ができるなら、なおさらだ。高野と土屋は約1年半で、ブドウ栽培からワイン醸造まで習得して帰国したのだから。


にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村


posted by 炎の中小企業診断士ハンマー at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) |  ┗春秋要約トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。