2012年09月11日

絶対オススメの2次勉強法(その3)

ハンマーです。

今回のテーマは、絶対オススメの2次勉強法(その3)です。

「その2」をアップしてから、かなり日数が経ってしまいましたが、リクエストをいただきましたので、「その3」をアップします。
リクエストいただいた、ざあらしさん、ありがとうございました。

※勉強法(その1)はこちら
※勉強法(その2)はこちら

◎絶対オススメの勉強法(その3)〜ミスを記録し、ミスの再発防止に努める〜

2次試験で合格ラインの60点以上をとれるにはどうするか?
ひとつ確実に言えることは、「大きなミスをしない」ということです。

人は誰でもミスをしますが、配点20点の設問が0点になるような大きなミスをしてしまうと、残りの配点80点で60点をとらなくてはならなくなり、ハードルがあがります。
もし、大きなミスを2つすると、合格は絶望的です。配点40点を失うと、残りの問題で満点をとらない限り60点に届かないからです。

試験本番で大きなミスをしないためには、普段の勉強でミスの再発防止を徹底的にトレーニングすることが不可欠です。

私が2次の勉強を始めた当初は、大きなミスの連続でした。添削された答案は、ほとんど×ばかりで、無残な状態でした。

例えば、与件文のヒントに気づかず、推測や思いこみで書いた時は0点になりました。いくら自分の考えを力説しても、出題者の意図と違う内容には1点ももらえませんでした。
また、対応づけを間違えて(第2問の内容を第3問に書き、第3問の内容を第2問に書いて)2問ともふっとび、40点を失ったこともあります。

当たり前ですが、×がつくと0点です。0点ばかりの答案を見て、「大きなミスをする限り、合格ラインの60点には絶対届かない!」と痛感し、二度と同じミスをしないことを誓いました。

それからは、事例を解くたびに、ミスの記録を始めました。
答案を分析し、「ミスの内容」と「ミスの原因」、「再発防止策」を考え抜いたのです。
大事なポイントは、3つあります。「ミスの原因」は、なぜ、なぜと問いかけ、真因をつきとめること。「再発防止策」は、具体的ですぐに実行可能なものを選ぶこと。そして、これらの再発防止策が十分機能したか、次回ミスが防げたか客観的にチェックすること。

受験生のあなたは、予備校の模試や答練などをたくさんこなしていると思いますが、採点された答案をどう処理していますか?ある程度の量をこなしたら、質をあげることに集中してください。同じミスを繰り返さないよう、PDCAサイクルをまわしてレベルアップすることが大切です。

ミスを記録する最大のメリットは、自分を客観視できることです。
ミスの記録を続けると、自分は何度も同じミスをしていることに気づくはずです。

一旦ミスを見つけたら、しっかりと自分の傷口に塩を塗って、悲鳴をあげるほど痛い思いを味わってください。そうしないと、また同じミスが再発します。

ミスを防止するために再発防止策を追加しても、一発では解決しないこともあります。やることが多くなって時間がかかりすぎたり、手順が複雑になって、新たなミスが生まれたりします。

※悪いクセの矯正については、こちらの記事もご参考にしてください。

ミスをした時は、自分自身としっかり向き合うことが大事ですが、どうしてもミスの原因がわからない場合は、合格者にアドバイスを求めるとよいでしょう。身近に合格者がいない場合は、当HPのメンター制度をご利用ください。

以上、絶対オススメの勉強法(その3)をご紹介しました。

見つけたミスを一つずつ丁寧につぶしていくたびに、合格に近づいていきます。
これから毎日チューンナップを続けて、最高の状態で試験本番を迎えてくださいね。

頑張ってください!



参考になりましたか?

参考になったら、ポチッとお願いします。(ランキング参加中です)
   ↓
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村


posted by 炎の中小企業診断士ハンマー at 13:09| Comment(0) |  ┣2次試験全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。