2010年10月22日

直前アドバイス〜総力戦〜

2次試験まで、いよいよ残り1日
本日が試験前のラストメッセージです。

今回のテーマは、「総力戦」です。

試験当日の準備は万端ですか?
受験票、筆記用具、時計、栄養ドリンク、会場までの道順、路線と自宅出発時間、服、ファイナルペーパー、過去問などなど。

もし、まだならすぐに用意してくださいね。やるべきことを早めに片付けると、気持ちが落ち着きますよ。

それから、当日は試験会場に早めに入ることをオススメします。

私は必ず会場に一番乗りしていました。
理由は「空間になじむため」です。試験を受ける席に1時間以上座っているだけで、自分が空間にすっかりなじんで、「自分の場所」のような感覚になってくるから不思議です。自分の場所だと思うだけで、心理的に優位に立てます。相手より先に空間を支配することは戦闘では重要なことです。開始間際にバタバタ飛び込んでくる受験生もいますが、席を間違えたり、焦りで集中できなかったり、ろくなことはありません。


さて、今回のテーマは総力戦。お伝えしたいのは、「あなたは、1人で戦うわけではない。」ということです。

試験中は、もちろん1人。誰の力を借りることもできません。

でも、あなた1人の力だけで、ここまで来たのでしょうか?
違いますよね。

おそらく、家族、仲間、先輩など、たくさんの方々に支えられてきたと思います。

たとえ、受験することを知らなくても、あなたのことを信頼している方は、全員あなたの味方です。ご先祖様だって、あなたの頑張りを温かく見守ってくれているはずです。

そんなたくさんの方々の支えのおかげで、無事に試験を受けることができる。事故や病気などもなく、力を発揮する場所が与えられたのです。本当にありがたいことですよね。

瞳を閉じて、応援してくれる人の顔を1人1人思い浮かべてみると、「ありがとう。」と感謝の気持ちがあふれてきませんか。

「たくさんの人に支えられ、それに感謝して大舞台にのぞむ。」そんなあなたは、ひとりぼっちで「自分さえ良ければいい。」と思っている受験生よりも、すでに違うステージに立っています。
精一杯の努力の後に、感謝のプロセスを経ることは「運を味方にする行為」だと私は信じています。


たくさんの方々に、ひととおり感謝した後は、全員に「試験当日、少しだけ力を貸してください。」と心の中でお願いしましょう。皆、喜んで力を貸してくれるはずです。(ドラゴンボールの元気玉をイメージすると、わかりやすいかもしれません。)

ちなみに、私の場合、人だけでなく物にも感謝の気持ちを伝えました。筆記用具なんて、まさに「戦友」。「お前ら、全員連れて行ったるからな。当日も頼むで。」と声をかけ、過去問や答練など、お世話になった物たちを大きなかばんにどっさり詰め込んで持って行きました。


「自分は1人じゃない。自分には心強い味方がたくさんいる。だから他の人間には負ける訳がない。」と堂々と思えばいいのです。(他の人にも味方はいるのでしょうが、あえて無視してます)


最後までお読みいただき、ありがとうございました。

試験当日は、長丁場で消耗します。だからこそ、「総力戦」でのぞんでください。私もあなたのサポーターの1人として心から応援しています!


解けない問題は出ない。

どんな状況になろうとも、最後の最後まで絶対にあきらめるな!

ファイト!!





参考になりましたか?

参考になったら、ポチッとお願いします。(ランキング参加中です)
   ↓
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村


posted by 炎の中小企業診断士ハンマー at 22:13| Comment(0) |  ┣試験直前アドバイス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月21日

直前アドバイス〜緊張対策〜

2次試験まで、あと2日。

今回のテーマは、「緊張対策」です。

もうすぐ試験と考えただけで、何となく落ち着かない気持ちになるのではないでしょうか。

私もそうでした。皆そうだと思います。

参考になるかわかりませんが、私が実行したとっておきの緊張対策をご紹介します。

それは、「もう合格した。」と思い込むことです。

「はあ?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、私は大真面目です。少し話を聞いてください。

合格か不合格か、どうなるかわからない。そんな不安定な状態がストレスになり、「不合格になったら、どうしよう。」という心理状態を招くのです。

だったら、不安定な状態からいち早く抜け出して、自分は合格したと思えばいいのです。自分はすでに合格ゾーンに立っているわけですから、「不合格になったら」という仮定自体なくなります。不合格という最大のストレスが消えるのです。

「でも、そんなに都合良く、合格したなんて、思えない。」という方も、いらっしゃるでしょう。

たしかに何の根拠もなく、そう思い込むのは難しいかもしれませんね。では、「事実」に目を向けましょう。

勉強机を見てください。これまであなたが書き込んだ答案やノートの数々。読み込んだテキストや参考書の数々。あなたは今まで、こんなにも膨大な量の勉強を続けてきた。それは紛れもない事実です。

そうです。まったく勉強をしてこなかった方には、「合格したと思え。」なんて無理な話です。

でも、あなたは必死になって勉強してきましたよね。タイムマシンに乗って、勉強を始めた頃の自分に会いに行けば、格段のレベル差があることに気づくはずです。自分はこんなにも成長したのかと、しみじみ思うはずです。

そして、もう一つ。
試験に合格したから、診断士の力が身につくわけではありません。すでに診断士の力を持つ人が合格するのです。

診断士としての力を持つ人は合格する。受験生の中には、箸にも棒にもかからないレベルの人もたくさんいるはず。受験する前に、ある程度勝負は決まっているということです。客観的に見て、自分は力をつけてきた。だから、合格したとみなしてもよい。そういう考え方です。
今までのあなたの努力を考えれば、「すでに自分は合格したんだから、当日は預けておいた合格証明をもらいに行くだけ。当日は、どんな企業に出会えるか楽しみだ。ワクワクする。意識するのは、企業の役に立てるよう、身につけた実力を発揮することだけだ!」くらい思ってもバチは当たりません。

まだ少し不安ですか?

それなら、得点の良かった答案を見てください。あなたは、実力を発揮できれば高い点をとれる人です。
ついでに、得点の低かった答案も見てください。その時は、間違えたかもしれませんが、その後の復習で、実力を伸ばしましたよね。

大丈夫です。努力した自分を信じてあげてください。

「不合格になったら、どうしよう。」とか「これで不合格になったら、また一年勉強しないといけないのか。」とか悩む間にも時間は過ぎていきます。

試験直前の貴重な時間です。悩むメリットなんて何1つありません

緊張するのは、あなただけではありません。でも、緊張に対して対策した時点で他の受験生より一歩リードしたのです。

「合格したいなあ。」ではなく、「もう合格した。」ですよ。
自信を持って、当日を迎えてください。



参考になりましたか?

参考になったら、ポチッとお願いします。(ランキング参加中です)
   ↓
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村
posted by 炎の中小企業診断士ハンマー at 21:18| Comment(0) |  ┣試験直前アドバイス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月20日

直前アドバイス〜2次試験と実践の違い〜

2次試験まで、あと3日。

今日のテーマは、「2次試験と実践との違い」についてです。

私は今、診断企業の報告書を作成しているところです。

以前ブログにも書きましたが、「2次試験は紙上のコンサルティング」だと思ってます。

ただ、2次試験が実践のコンサルティングと大きく違うのは、以下の3点だと思います。


(1)選抜が目的

最も実践と違うのがこれ。

初対面なのに、その場で答えないといけない質問が用意されていて(笑)、しかも、相手が想定した答えと違うことを言うとアウトになってしまいます。「お調べして、後日回答します。」と言うこともできません。

2次試験は上位2割の選抜試験である以上、「他の受験生が書いてくること」は当然おさえた上で、設問の要求にきめ細かく対応しないといけません。


(2)制限時間は80分

実践では、ヒアリングしてから報告書をまとめるのに、数週間、数ヶ月時間がかけられるのに対し、試験ではたったの80分しかありません。
今、私が書いている報告書の場合、事前調査で1週間。社長のヒアリングで1日。SWOTを洗い出して整理し、経営戦略の方向性をだすのに1日。販促アイデアをだして報告書の骨子をまとめるのに1週間程度を要してます。報告書の完成までには、内容の肉付けのためにさらに日数が必要になるでしょう。

しかし、試験では80分以内にすべての作業を終わらせなければなりません。実践で通用する方法だからといって試験で通用するとは限りません。試験で最善の結果を出すには、80分間でできる限界を知り、「短時間で機能する手順」を身につけることが現実的です。完璧な分析をするのが目的ではなく、合格するのが目的だからです。


(3)手がかりは与件文のみ

実践では、わからないことがあれば追加調査できますが、試験では与件文以外の手がかりは一切ありません。だから、試験においては「与件文に書いてあることが全て」です。SWOT分析をしようとしても、SWOTの材料がきれいに揃っているとは限りませんし、どんなに多くの切り口を持っていても、与件文に書いていないことはお手上げです。

与件文に書いていないことを推測して書くことはできますが、しょせん「推測」。根拠の強さでは、与件文の「事実」には勝てません。

与件文を無視して好き放題書くのは簡単です。実践でも、診断企業の体力や能力を無視して、好き放題な提案をするのは楽です。一般知識に基づいて抽象的なことばかりをサラッと書くだけなら、あっという間に報告書は完成します。

また、弱みを発見したら「あれはダメ」、「これはダメ」と指摘するばかりで、具体的な改善策を提案しない。あるいは、具体的な改善策はあるが、実現困難なことばかり。そんな診断士が来たら、企業は困りますよね。

与件文を無視した答案を書く人は、知識はあっても「企業に共感できない」「コンサル能力が低い」とみなされるということです。

あなたには、そんな診断士だけにはなってほしくないと思います。与件文の内容は「社長が語った言葉」。与件文にヒントがありますので、自分を捨てて企業に尽くしてくださいね。


以上、2次試験と実践の違いについて書きました。ご自身の手順が「実践用」だと、時間がかかりすぎたりといった弊害もあると出てくると思います。
もう一度、ご自身の手順に無駄なところがないか見直してみてくださいね。




参考になりましたか?

参考になったら、ポチッとお願いします。(ランキング参加中です)
   ↓
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村
posted by 炎の中小企業診断士ハンマー at 21:47| Comment(0) |  ┣2次試験全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。