2009年10月22日

誰よりも熱く

今日が、試験前のラストメッセージです。

今までよく頑張りました。

いよいよ今週日曜日が2次試験。
これまでの集大成です。


当日は、自分の手順どおりに、普段の実力を100%発揮することが大事です。



・・・でも、それだけでは足りません。

「絶対に合格するぞ!」という熱い気持ちが大事です。


診断士試験を受験することを決意した頃を思い出しながら、自分に問いかけてください。

なぜ、診断士になりたいと思ったのか?

なぜ、今年合格しないといけないのか?

診断士になって何がしたいのか?

診断士になることを応援してくれている人は誰か?

今年不合格になって、また1年間勉強したいか?

誰よりも合格したい気持ちを持っているか?


このブログでは、様々なテクニックやメソッドを紹介してきました。

でも、合格するために一番大事なのは、「合格するという、誰よりも熱い気持ち」だと思っています。


「いまさら精神論?」と疑問に思われる方のために例をあげましょう。


私の職場は営業組織ですが、トップセールスになる人は、必ずしもセールススキルが優れているわけではありません。むしろ、しゃべるのが下手な人もいますし、おとなしい性格の人もいます。

でも、トップセールスに共通しているのは、「お客様のお役に立ちたい!」、「絶対に販売目標を達成したい!」など強い思いを持っていることです。

合格したいという気持ちでは誰にも負けてはいけません。

「合格したいなあ」ではなくて、「必ず合格する!」と決意してください。

一生懸命勉強したのは、あなただけではありません。大勢のライバル達より頭一つ抜け出すために、誰よりも熱い気持ちで試験にのぞんでください。



最後の1秒までベストを尽くす。

あきらめたり、倒れたりするのは、

試験終了のベルが鳴った後。

あなたの合格を心から祈っています。


ファイト!!





参考になりましたか?

参考になったら、ポチッとお願いします。(ランキング参加中です)
   ↓
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村


posted by 炎の中小企業診断士ハンマー at 22:31| Comment(0) |  ┣2次試験の心構え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月21日

直前アドバイス(事例W)

今回は、試験当日、事例Wで意識したことを書きます。

<事例W>
目標70点(最低50点)

・得意な人は、80点以上とってくる。できるだけ引き離されないように70点はとりたい。

・3つの事例が終わり、精神的にも、肉体的にもボロボロの状態になるが、ここからが本当の勝負

・普段は簡単に解ける計算問題も、疲れきった状態では、計算ミスが続出するので、計算中は集中する。必ず2回は検算する。(検算方法も1回目と2回目で変える)

単位のミスに気をつける。億円なのか百万円なのか、単位を間違えて、不合格になった受験生もいる。単位はあらかじめ解答欄に記入しておくとミスを防止できる。(小数点の四捨五入も同様)

・第1問は指標のあたりをつけておいて、2問目以降の得意な問題から解く。

・第1問は、3つのうち、2つは正解する。(20〜25点はとる)
 練習したフォームで、原因と問題点の両方が伝わる書き方をする。他社比較か、前年度比較か注意する。(他社比較なら「低い」、前年度比較なら「低下」)

・ 計算は、答えが違うと0点なので、部分点が期待できる記述問題を優先する。

・設問1は設問2に比べて簡単。設問2は捨てても、設問1にしがみつく。

・難しい問題が出ても、驚くのは5秒間まで。いつまでもショックを受けず、すぐに切り替える。(ショックを受けているのは皆同じ。いかに早く立ち直れるかがポイント)

・まずは足切りにならないよう、40点を固める。どうしてもわからない問題はすてる。


以上です。頑張ってください!




参考になりましたか?

参考になったら、ポチッとお願いします。(ランキング参加中です)
   ↓
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村
posted by 炎の中小企業診断士ハンマー at 23:10| Comment(0) |  ┣事例別アドバイス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月20日

与件文の根拠の探し方

ハンマーです。

皆さん、燃えてますか?

私の与件文の根拠の探し方について、ご質問をいただきましたので、お答えします。
ご質問をいただいたbeyondさん、ありがとうございました。

<ご質問の内容>
設問から与件文の該当箇所が分かりにくい時、本文から設問を見にいくようにしているのですが、うまく当てはまらないときがあります。

たとえば、H18-2なのですが、ハンマーさんはどのように対処されていたでしょうか?

<ご回答>
設問を読んで要求をキャッチし、与件文の根拠を探す方法について、H18年度事例U第1問を例に簡単にご紹介します。

第1問
要求は「差別化」なので、差別化する相手である大手テニススクールとの違いを探します。

与件文の大手テニススクールの記述を見ると、「料金は低め」、「全天候型ではあるが屋外」、「1クラスの人数も20名を超えて設定」とありますね。

これに対応するB社の記述を探すと、「料金は大手より若干高く設定」、「すべての事業所が3面の屋内コート」、「1クラス8名まで」とあります。

これらは直接的な対比なので、要注意です。

さらに、B社の特徴的な記述を探すと、「最寄り駅より徒歩5分以内」、「プロ級のインストラクター」、「技量とニーズに合わせた指導」、「イベントの企画」、「リラックスルーム」、「自習室」などいろいろ見つかります。

設問には「マーケティング戦略」とあるので、趣旨にあわないものは外します。また、他の設問の根拠と思われるものも外します。最後に、残った根拠を編集し、答案にしあげます。

このような事例の場合、私は、与件文を読みながら、「たくさん根拠を掘り起こす」ことに集中します。

根拠になりそうなものは、「これは第1問」、「これは第2問と第3問」というように、あたりをつけておいて、記述の前に編集します。

以上です。参考になりましたか?


2次試験まであと5日。
いよいよカウントダウンです。
最後の最後まであきらめず、頑張ってください!




参考になりましたか?

参考になったら、ポチッとお願いします。(ランキング参加中です)
   ↓
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村
posted by 炎の中小企業診断士ハンマー at 21:34| Comment(0) |  ┣与件文、設問文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。